読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

恐ろしい「爪」のバイキン

病気 病気-知識

聞いてビックリ!!爪は便座汚れの10倍以上のよごれ!

f:id:tarubomirubo:20161110123835j:plain

今年は昨年に比べ、早くもコートやダウンを着てしまうくらい寒くなっています。

寒くなる冬の時期に気をつけなければいけないことが「風邪」や「インフルエンザ」などの感染症です。風邪やインフルエンザを始めマイコプラズマ肺炎など、咳やくしゃみから空気感染してしまうことも多いのですが、知らず知らず手で触っている物からの感染も少なくありません。

 

アルコール消毒液の「手ピカジェル」を販売する健栄製薬が一昨年、芸術短期大学とともに『手のひら』と『指先(爪の間)』の汚れに関する衛生検査を実施した結果、『手のひら』は、一般的な『トイレの便座』の汚れに比べて5倍以上の数値が測定され、『指先(爪の間)』に関しては、『トイレの便座』の10倍以上の汚れが潜んでいることがわかったそうです。

さらに、爪の長さが2mm未満の学生と2mm以上の学生で比べると、『手のひら』は、大きな汚れの差異は出なかったものの、『指先(爪の間)』に関しては、爪の長い(2mm以上)学生の方が約1.9倍の汚れが検出される結果だったそうです。

手のひらが便座異常の汚れだなんて…

 

『手のひら』と『指先(爪の間)』の汚れに関する衛生検査

■ATP検査の参考数値

・トイレの便座     : 179 RLU(幅44~438RLU)

・階段の手すり     : 485 RLU(幅48~2050RLU)

・エレベーターのボタン : 123 RLU(幅41~410RLU)

・ドアの開閉プレート  : 76 RLU(幅48~173RLU)

※上記は清掃前の汚れを示した数値  

 

こんな数値をみてしまうと何も触れなくなってしまいますよね(笑)

数値だけで判断するのほどうかとも思いますが、何処もかしこも「菌がいる」ってことは間違いないですね。神経質になりすぎて除菌ばかりしていたら、菌への免疫力が無くなってしまうのではないかとも考えてしまいます。しかしこの時期はやはり風邪やインフルエンザ等には感染したくないので水と石けんによる手洗いから、より効果的にアルコール消毒液による手指消毒と、爪の長さを短くすることを心がけましょう。

 

衛生検査の結果、菌の種類としては皮膚常在菌がほとんどで、中には医療関連感染を引き起こす菌も検出されたそうです。菌に対する抵抗力が低下している方は、皮膚常在菌でも感染症を引きおこす原因となる恐れがあります。

特に階段の「手すり」は凄い数値ですよね。

 

「トイレの便座以上の汚れ」だという認識を持っていれば自然としっかりとした手洗い・うがい週間が身につくかもしれませんね。

スポンサードリンク