読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

防水スプレーの怖さ

健康 健康-知識 健康-病気

吸い込むと肺機能に支障 

f:id:tarubomirubo:20161003103816j:plain

 

 服や靴に吹きかける「防水スプレー」を吸い込んで呼吸困難などに陥る事故が増えている。入院するケースもあり、東京都消費生活総合センターは使用時の換気など、正しい方法で使うように注意を呼びかけている。  

 

防水スプレーは服や靴に吹きかけ、雨水などを弾く「はっ水効果」で保護する製品。同センターに入った相談によると今年5月、東京都内の20代女性が靴店で防水スプレーを購入。自宅マンションで数足の靴に吹きかけたところ、数時間後に高熱が出て呼吸困難になった。翌日、医療機関で過敏性肺炎と診断されて9日間入院。酸素吸入や肺洗浄などの治療を受けたという。2014年には、50代男性が化学性肺炎で全治4週間と診断された事例もあった。  

 

公益財団法人日本中毒情報センターによると、防水スプレーには細かい粒子の樹脂が含まれている。吸い込むと樹脂が肺に付着し、肺のガス交換機能に支障が出ることで呼吸困難などを引き起こすと考えられている。  防水スプレーの事故は1992~94年ごろに多発。このため、粒子を大きくするなど吸い込みにくいように製品が改良された。しかし、主に衣類用だった防水スプレーの用途が近年、靴、カバンと広がったことを受けてここ数年、事故が増加。96年以降、年間10~20件程度で推移していた事故件数は、13年度は45件、14年度で42件にのぼっている。  また、国民生活センターによると、防水スプレーだけでなく、紫外線カットをうたう衣類用コーティングスプレーでも同様の中毒事故が発生したことがある。  

 

健康な成人でも入院する例があり、都消費生活総合センターは、使用時にはマスクを着用し、屋外など風通しの良い場所で風向きに注意して吸い込まないよう呼びかけている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これわかります!私もスキーウエアーや子供のカッパ・靴などに良く使用しますが、結構吸い込んじゃうんですよね。虫除けスプレーをかけると「むせる」のと同じで、防水スプレー独特な臭いと、なんだか息苦しくなる感じ。

 

よく「室内では使用しないで下さい」と記載されているのは、こういうことだったんですね。ただ「高熱が出た」だけでは「風邪かな?」で、まさか「防水スプレーによる肺炎」とは思わないですよね。

コワイ!怖い!私も気をつけます!

 

みなさんも取り扱いには充分気をつけてくださいね。また、防水スプレー使用後に体の異変があったら、病院で受診しましょう。その際「防水スプレーを使用していた」ことを忘れずに医師へ伝えましょうね。

スポンサードリンク