読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

耳かき 鼻毛抜きは危険?!

からだ

耳かき&イヤホンの長時間使用で「カビ」が!

f:id:tarubomirubo:20160720095155j:plain

 

「耳かきのしすぎで耳の中に炎症を起こす人が増えている」と警鐘を鳴らすのは、金沢医科大学の教授。 炎症が起こると痒くなり、さらに耳かきする回数が増え……という負のスパイラル。炎症が慢性化すると、耳の中にカビが生えてきてさらに強い痒みをもよおします。ちなみに、イヤホンの長時間使用も、耳の中に湿気がこもるので、カビの原因になりやすいです。耳かきをしすぎた結果、「耳が尋常じゃなく腫れ上がり、膿が出てきた」と話す男性は、病院で精密検査を受けたところ「耳から感染した緑膿菌が全身に回っている」と診断されたという。免疫が低下すると、髄膜炎をはじめ死に至る例もあるとか……。

 

鼻毛を抜くと「毛嚢炎」に!?

f:id:tarubomirubo:20160720095420j:plain

鼻のケアによるトラブルも多い。 飛び出た鼻毛を切るのは問題ないですが、抜くのは×。毛根から侵入した細菌に感染すると『毛嚢炎』になります。ニキビ状のものが鼻の穴にでき、悪化すると強い痛みや発熱を伴います。

花粉症の季節など鼻うがいを実践している人は多いだろう。だが、使う溶液も選ばないと逆効果で、むしろやりすぎはトラブルのもと。 鼻うがいの回数が増えるうちに、『何か耳が詰まった感じで気持ち悪いな』と感じるようになり、耳鼻科に行ったら急性中耳炎と診断されました。1か月ほど通院して一度は回復しましたが、冬場にちょっと体を動かす作業をすると症状が再発。耳の中がこもるような不快感で仕事にならず……。耳管障害と言われ、長引くのでまいっています(男性)  

 

耳垢や鼻毛には、刺激物の侵入防止や保湿といった、大切な「カーテン効果」がある。過度なケアは、体を無防備化させてしまう。

<やりすぎ厳禁ワースト5>

1位:耳かき

2位:イヤホンつけっぱなし

3位:鼻毛を抜く

4位:鼻うがい

5位:点鼻スプレー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とってもデリケートな場所なだけに危険も多く潜んでいますね。

私はよくお風呂上がりや寝起きに綿棒で耳かきをしています。この記事を読んでチョット怖くなってきました。

信号待ち等でたまに一生懸命鼻毛を抜いているオジサンを見かけませんか?(笑)

パートナーが鼻毛出てたら「鼻毛出てるよ」ともなかなか言いづらいですよね。

今は「鼻毛シェイバー」もお手頃価格で販売されていますが、剃り過ぎてしまうこともあるので、やはりハサミでカットするのがいいのでしょうね。

スポンサードリンク