読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

「背中をポンポン」癒し効果?!

大人にも癒し効果 

f:id:tarubomirubo:20160717093330j:plain

背中をポンポンとすると心地よさそうに眠る赤ちゃん。 赤ちゃんは背中をポンポンとたたかれるとお母さんのお腹の中にいた頃の心臓の音を思い出すそうです。 お腹の中は生まれたばかりの赤ちゃんにとっては1番安全でとても落ち着く場所でした。その場所を思い出し心地よく感じると言われています。 そして背中をポンポンしてもらうことでお母さんが側にいてくれる安心感があるためスヤスヤと気持ちよさそうに眠ってしまうのでしょう。

大人にも効果があるからやってみて!

どんな大人にだって赤ちゃんの時代があり母親のお腹から生まれてきました。 背中をポンポンされると、脳裏に刻み込まれた母親のお腹の中にいた頃を思い出すのでしょうか。不思議と落ち着くのです。 職場の同僚や先輩に「お疲れ」と背中をポンポンとされたことはありませんか? つらい事があって涙を流しているときに友人が背中をポンポンと優しくタッチしてくれたことはありませんか? 大人になってからも無意識に「背中ポンポン」は、やっていたり、やってもらっていたりしているようです。 潜在的に落ち着くことを人間の脳は知っているのかもしれませんね。

 

実際に背中にふれられると「オキシトシン」という癒しホルモンが脳から出てくると科学的に実証されています。 色々な「背中ポンポン」があるけど、赤ちゃんには強めがおすすめ ちょっと強めにポンポンしたり、軽くさするようにポンポンしたりと「背中ポンポン」には色んなバリエーションがあります。 実は、赤ちゃんに効果的なのは強めのポンポンなんです。 お腹の中にいた頃の赤ちゃんとお母さんの心臓の位置は近くにあり、なかなか強く心臓の音を感じていたそうです。 強すぎるのは逆効果ですが試しにいつもより少し強めにポンポンしてみて下さい。今夜は、いつもより早く寝てくれるかもしれません。 ただ赤ちゃんが眠りに入ってしまえば起こさないためにも少しずつ力を緩めて優しいポンポンにして、最後は緩くさすってあげてみて下さい。 子どもはママにさすられると睡眠中でも気持ちが良く、血行も良くなり眠りの質も向上しますよ。 仕事で毎日疲れているパパにも一度やってあげてみて下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これすごくわかります。

子供に限らず泣いている人を見ると「大丈夫。大丈夫」と背中を叩いてあげたり、摩ってあげたりしてあげたくなりませんか?

例えば試合に負けたあとの悔し涙。「がんばったよ~」なんて慰めの言葉と共に肩を叩いたりするような光景ってドラマや映画でも多いですよね。

泣いている側もポンポンされると、なんだか気持ちが落ち着きませんか?

「なるほどねぇ~」と納得の豆知識記事でした。

スポンサードリンク