知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

延命治療・・・アナタは望みますか?

これは本当にデリケートな問題。

家族の延命治療、アナタは希望しますか?

f:id:tarubomirubo:20160607091354j:plain

私自身、父と母を病気で亡くしました。

何回も何回も医師から「延命治療について」説明をして頂き、もうそろそろ危ないかな…って頃に「最終確認」をされました。

我が身もそうですが自分の家族も早かれ遅かれその時は来ます。いざその時になったときアナタはどう判断しますか?

tarubomirubo.hatenadiary.jp

 

本人の意思に反して「延命治療」を望む肉親の苦悩

国の調査によれば、9割以上の高齢者が「病気が治る見込みがない場合、延命治療を望まない」としています。しかし実際には5割以上が、家族の希望などによって身体に管を通して栄養や酸素を送る「延命治療」を受けています。 家族と本人の意志、どちらを尊重すべきなのでしょうか。

6月27日放送のNHK総合「あさイチ」では、延命治療を特集していました。

番組VTRでは、76歳の母をがんで亡くした女性が登場して体験を語りました。 医師も困惑「亡くなって文句を言うのは家族」 この女性は、母親に「延命治療はしてほしくない」と言われていましたが、父と弟と相談した結果、胃に管を通して栄養を送る胃ろうを行いました。 「家族としては少しでも長く生きて欲しかった」という気持ちでしたが、母親は呼吸困難になり、人工呼吸器を入れることに。話すこともできない状態で、3週間後に亡くなりました。

女性は苦しい胸の内を明かします。 「自分が母を殺してしまうような気がして(延命治療をやめてと)言えなかった。8年経った今でも後悔しています」

 

番組アンケートによると、3割が「延命治療の選択を迫られたことがある」とのこと。延命治療をしてもしなくても、「あれで良かったのか」と後悔し悩む人が実に多いのです。 本人が延命治療を望まなくても、家族にその意思がしっかり伝わり、同意していなければ、医師は命を生かすことを優先します。

 

番組へ医師から寄せられたメッセージには、こんな内容のものもありました。

「本人が亡くなってから文句を言ってくるのは家族なので、本人よりも家族の意向を尊重しがちになるのはやむを得ない」 「自分の死に意見が入れられないのはおかしい」 生前に自分の意志を確実に周囲に伝える方法として、「アドバンス・ケア・プランニング」があります。

延命治療などについて事前に医療関係者と相談して決める取り組みで、2年前から国の事業で全国の15の病院で始まっています。 愛知県春日井市の病院に通う80代のふみ子さんは、アドバンス・ケア・プランニングに基づいた「事前指示書」を作成しました。苦痛をやわらげる以外の延命治療を拒否することや、意識がなくなったときは夫を代理人とする等を明記しています。 法的な効力はなく、いつでも変えられて、毎週看護師による確認があります。いざとなると遠方から駆け付けた親戚に猛反対されるケースがあるため、本人や同居する家族が承知しているだけでは不十分です。ふみ子さんの場合、一日でも長生きして欲しいと望む家族との長い話し合いの末、なんとか夫と息子たちの同意を得ました。

日本でこの取り組みをしている病院はまだ数が多くありませんが、自分なりのやり方もあります。長年、女性の生き方や老後問題について評論活動を行っている評論家の樋口恵子さん(84歳)は、こう訴えます。 「自分の死に対して自分がどのように関与していくか。お任せデス(死)から自分のデス(死)へ、と言っています。死ぬというのは一大事件。そこに自分の意見が全く入れられないのはおかしい」 「胃ろうイコール延命治療」という誤解も 樋口さんは「事前指示書」を、代理人に指定した娘さんだけでなく数人の知人に渡したうえ、関わりのある人すべてに周知。突然意識を失って倒れたときのために、保険証に小さな指示書(名刺に記入)をつけて持ち歩く徹底ぶりです。 夫を看取った20年前、やはり延命治療での迷いがあったことから、言葉だけでなく書面が大事だと悟った樋口さん。「本人がしっかりと言っておくのが、周りの人への思いやりでもある」と断言します。

なお、アドバンス・ケア・プランニングに詳しい三浦久幸さん(国立長寿医療研究センター在宅連携医療部長)は、「胃ろうイコール延命治療ではなく、積極的に胃ろうを行った方がいい治療もある」と誤解を指摘。家族で話し合うときは「専門的な知識を持った医療者を交えたほうがいい」と注意点を挙げていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご家族の「長生きして欲しい」という気持ち。すごくわかります。

「喋れなくても、寝ているだけでも生きててさえくれればいい」と思うのは、それだけ大切な存在だからです。また寄り添う側としても「死」を受け入れる気持ちの整理がつかないのかもしれません。

私もそうでした。

父は癌で亡くなりましたが、延命治療についてどうするか医師から説明がありました。

「延命治療して寿命を伸ばしてあげても苦痛なのはお父様です。このまま自然に逝かせてあげたほうが良いかと思います」。父の場合、病院を選択ミスしてしまい、病院側が治療放棄のような感じでした。ほかの病院だったら、もしかしたら助かっていたかもしれません。しかし「昭和の頑固ジジイ」だったので、きっと「延命治療なんかするな!」と言うだろうと医師の言うとおり、自然に息を引き取らせました。

 

母はMDSという血液の病気から白血病へ変化してしまいました。

何度も何度も入院し、その度に延命治療の話しと確認をされてきた私。母の場合、延命治療自体出来なかったんです。と言うのも、免疫力がほぼゼロに近いので喉を切開し呼吸器を取り付けたとしても、その傷口から菌が入り込むリスクが何十倍もありました。

医師からはやはり「延命治療をしてもお母様が苦しむだけになってしまいます。また切開などの処置はかえってリスクが高くなってしまいます」と。

まだ元気な頃は「延命治療は一切しません」と毎回医師には話していましたが、いざその時になり医師から最終確認をされました。家族としては記事の方のように「もう少し」という気持ちがありましたが、母が苦しんでいる姿を見たら「可哀想」と思えてしまい、病との戦いに早く終止符をつけさせてあげたい気持ちの方が高まりました。

 

tarubomirubo.hatenadiary.jp

 

子供やまだ若い人、また病気によっては延命治療を望むかもしれません。

本人の意識は無く、最終的に判断を任されるのは家族です。

もし自分なら…

もし家族なら… 

アナタはどうしますか?

 

 

 

スポンサードリンク