読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

聞きなれない「緑内障」

日本人の失明原因第1位 「緑内障」

f:id:tarubomirubo:20160608101031j:plain

 

緑内障(開放隅角緑内障)は、眼と脳をつなぐ視神経の線維が減っていく病気。減った神経が認識していた部分が見えづらくなり、ジワジワ視野が欠け、末期になるとほぼ全体が見えなくなり、目の前が真っ暗になってしまいます。

 

 日本人の失明原因の第1位で、推定患者数は約400万人、40歳以上の20人に1人が発症しているとされています。

発症しても自覚症状はあまりないようですが「なんか変だな」と思う出来事があったりするそうです。

・メガネの度合いを調整してもらってもすぐ合わなくなる、

・時々ぼやける

・なんとなく目に痛みがある

緑内障になった方のお話によると「 眼科を受診しても、単に疲れ眼が原因だと言われてた」そうです。念のため検査をして頂いたところ、痛みのあった目の反対側の目が緑内障だったと結果が出ました。

このように緑内障は自覚症状のない病気です。

また緑内障の最大の問題は、欠けた視野は二度と回復しません。そのため緑内障と診断されても、目薬や手術などで進行を抑える以外の治療法はなく、患者は常に失明の恐怖に晒されることになるのです。

 

40歳以上の20人に1人が緑内障と推定されているようですが、なんとまだ9割りの方が緑内障だとは気付いていないそうです。

 白内障は眼の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより起こりますが、基本的には手術をすれば視力は回復します。しかし、緑内障は一度視神経に障害を受けると、二度と元には戻らない病気なので早期発見と早期治療が必要です。

 

眼科ってなんだか無縁な病院な感じもありますが、40歳過ぎたら目も定期検診が必要ですね。

スポンサードリンク