知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

髪の毛の不思議

髪の毛ってどうして伸びるんだろう?

f:id:tarubomirubo:20160525095228j:plain

髪の毛は、外見のイメージを決める大切な一部分ですね。でも一体髪の毛は、なぜ伸びるのか?疑問に感じたことってありませんか?

 

毛は、皮膚の一部が形を変えてできたもの。表皮の細胞層から作られた組織「毛包」の内部にある「毛母基」で増えた細胞が角質化すると毛になります。 増えた細胞はどんどん新しい毛になって、先にできていた部分を外に押し出していきます。

毛が伸びるのはそのためなんです。

つまり頭皮に埋もれている髪の毛の根っこの部分が成長して、「ところてん」のように押し出されていくことにより、伸びていくということなんですね。

子供の頃、頭に細かい穴が空いているお人形に粘土を詰め込みムギュ~と押し出すと粘土が髪の毛のようになる玩具で遊んでいたことがありますが、まさにソレですね。

 

では、髪の毛は一日にどのくらい伸びるのでしょうか?

一般的には1日あたり0.3 mm、1カ月で1cm くらい。一定の期間を過ぎると抜けてしまうんです。 毛の生え変わる周期を「ヘアサイクル」といって一般に、髪の毛のヘアサイクルは2~7年。髪の毛以外の体毛がせいぜい半年以内なのと比べると、かなり長期ですね。個人差もあるようですが、伸ばしっぱなしにすると90 cmくらいになるそうです。

 

いかがでしたか?当たり前過ぎて大人は疑問に思うことはないかも知れませんが、小さい子供にはすごく疑問に感じることがあるようです。お子さんに質問されたら教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク