読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

スポーツを楽しむ高齢者が増えている!?

いまどきの高齢者スポーツはあつい!

f:id:tarubomirubo:20160527120221j:plain

 

 高齢者のスポーツとして思い浮うのは一昔前ならゲートボールやゴルフ。最近はウォーキングやジョギング、スイミングが多いようです。高齢者の好むスポーツのイメージとしてはゆったりした動きが中心のものが人気だと思いますよね。

実はいまどきの高齢者は結構激しいスポーツを楽しむ方が増えてきているようです。

 ★ラグビーにもシニアチーム

昨年のワールドカップで、子どもから大人まで人気が急上昇したラグビー。見ているだけでもとっても激しいスポーツだと思いますよね。 そんなハードなスポーツに取り組んでいるシニア集団がいるそうです。シニアに健康増進と生きがいを提供する場として立ち上げたようです。初心者でも自分のペースで少しずつ基礎から楽しめるとか。また年代ごとの対戦もあるそうです。

 

★アイスホッケーのシニアチーム

体当たりのスポーツとして知られるアイスホッケー。なんと50~60代以上の高齢者が集まったアイスホッケーチームがあるそうです。ただし若い人のように身体を思い切りぶつけるということはしません。あくまで紳士的プレイに徹しているとか。 それでも氷の上ではなにがおこるかわかりません。そのため防御服をしっかり身にまとい、頭はヘルメットで守ります。氷の上をスケート靴で動くのでかなり筋力が鍛えられ、健康にもよいと好評だそうです。

 

★デイサービスでボクシング?

都内にあるデイサービスでは施設の中にボクシング用のリングが設置してあり、その中で高齢者が本格的なジム用のグローブやミットをつけて実際に打ち合ったりしているそうです。利用者が座ったままでも取り組めるよう様々な工夫が凝らしてあり、なんと縄跳びまでも椅子に座ってできるようにしているそう。 下半身は歩行訓練によって、上半身はボクシングで鍛えれば、機能訓練としてはもってこいですね。

「まさか高齢者になってからボクシングができるなんて思わなかった」という利用者さんの喜びの声も聞かれるそうですよ。

 

★まだまだ元気にスポーツを楽しむ高齢者

その他にも日本サッカー協会主催で60歳以上の方を対象にした全国シニアサッカー大会が毎年開催されるなど、シニアスポーツの幅は思った以上に広がっているようです。安全に配慮しつつも若い層には負けないほどのパワーでハードなスポーツを楽しんでおられる高齢者。これからもどんどん増えていきそうですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世間では65才以上が「高齢者」と言われてしまいますが「高齢者」と言うのは失礼なくらいみなさん生き生きと元気ですよね。またそういう方こそ「自分は高齢者ではない」とお考えだと思います。そのお考えこそ「元気の秘訣」ではないでしょうか?

「入院すると気分まで病人になってしまう」…のと同じで「65歳過ぎたから高齢者」と思うと老化してしまうのではないかと思います。

自分の体は自分がよく知っているからこそ、激しいスポーツでも無理なく楽しめる!

またコミュニケーションの場としても、もっと多くのシニア層の方にスポーツを楽しんで頂きたいと思います。

スポンサードリンク