読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

色で違うバナナの健康効果

便秘や生活習慣病・胃弱にも!

  f:id:tarubomirubo:20160120192158j:plain

素早くエネルギー源になることから、アスリートたちも活用しているバナナ。忙しい朝のエネルギーチャージや、ダイエットに取り入れている人も多いはず。 そんなバナナですが、実は熟度(色)によって健康効果が異なるんです。色と効能の関係を知って、健康維持に活かしてみませんか。

 

・「青めバナナ」は便秘を解消してくれます。

さっぱりとした甘さや酸味が楽しめる、まだ少し若い青めのバナナ。固めで、しっかりとした食感を楽しむことができます。 そんな青バナナには整腸効果を高めるのに欠かせない「難消化性デンプン」が豊富にふくまれています。食物繊維と同様のはたらきで腸内の掃除と排泄のサポートをしてくれ、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維やフラクトオリゴ糖も豊富。相乗効果で便秘の予防・改善効果を高めます。

 

 

・「黄色バナナ」は生活習慣病を防いでくれます。

甘み・香り・噛みごたえが程よく、バナナらしい味わいが楽しめる黄色バナナ。青めバナナに含まれる難消化性デンプンが糖化して甘さが増し、やわらかくなった状態です。 黄色バナナにはエネルギー代謝を高める栄養素や抗酸化成分が豊富に含まれています。体内の老化の原因となる活性酸素を抑制し、動脈硬化、高血圧、悪性腫瘍、糖尿病などの生活習慣病を防いでくれます。 また、血中に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善するはたらきも。体内を若々しく、健康的な状態に保つのに役立ちます。

 

 

・「茶色バナナ」は胃潰瘍予防&免疫力を上げてくれます

 皮が茶色に変化する頃には甘みやコクが深まり、やわらかさも増します。甘みたっぷりの茶色バナナは、胃弱な人や暴飲暴食で内臓を酷使している人におすすめです。 マウスを使った実験では、熟度が進んだバナナを食べさせたマウスほど、血中に免疫活性を高めるIL-12という物質が増えることが判明。 また、シュガースポット(茶色い斑点)の出た茶色バナナにはリン脂質という成分が含まれ、胃の粘膜を保護し、胃潰瘍を抑制する効果が期待できることが分かっています。 牛乳とバナナを混ぜることで、胃粘膜保護効果がさらに向上するそうです。

 

昔から健康食材として有名なバナナですが、熟度によって美味しさが異なるだけでなく、健康効果まで変わります。味の好みや得たい効能によって、食べ分けてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク