読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

寝てもねても眠い「冬季うつ」かもよ?

寝てもねても眠いしやたらに甘いもが食べたくなるそれって「冬季うつ」かも…

   f:id:tarubomirubo:20151217154219j:plain

 

冬になると何故か何をするにも面倒になり「寒いから…いいか」と無気力な人も多いはず。12月11日放送の日テレ「スッキリ」によると、その状態は「冬季うつ」と言ううつ病の一種かもしれないらしい。

 

番組のVTRに登場した精神科医の先生によると、「冬季うつ」は冬の間だけ起きる病気で特に女性に多いらしい。日本ではあまり知られていなくて、日照時間の短い北欧では有名な病気だとか…

特徴としては

①なかなか布団から出られない

②外に出るのが面倒くさい

③家事をするのが面倒

④甘い物が食べたくなる

⑤なんだか疲れやすく睡眠時間が長い

 

日光に当たろう!光療法

日照時間が短くなることにより「セロトニン不足」が原因 らしく、このうち3つ以上に当てはまる人は要注意。原因は日光を浴びないことによる脳内のセロトニン不足。過眠と過食を繰り返すうちに肥満を招くリスクもあるみたい。

治療法としては強い光を浴びる「光療法」で、ヨーロッパの公共施設には無料で光を浴びる場所もあることが紹介されました。お家でできる対策としては、部屋のカーテンを開けること。1日30分程度は部屋に日光を取り込む必要があるという。

 

 

番組が東京・渋谷の街角で20~30代の女性にインタビューをしたところ、「当てはまります。甘いものについ手が出る」「寝ても寝ても眠い」「家事は毎日面倒です」というコメントが…「冬は自分に甘くなります」という人もいた。 しかしこういったことを「自分に甘いのではなく病気」と言われると、つい自分もそうだと言いたくなるもの。視聴者からは「5つのチェックリストに自分も当てはまる」という書き込みがネットに殺到し、ツイッターのトレンドにも「冬季うつ」が入った。

 

しかしどうしても自力からその状況を抜け出せなくなってしまう人もいるはず。 そういう人はやはり、他人の揶揄を恐れずに専門医に相談してみましょう。番組では冬季うつを繰り返すうちに、慢性化して本格的なうつ病になったりするリスクもあると紹介していました。体調不良を感じている人は要注意です。

スポンサードリンク