知ってトクする!からだの豆知識

健康・病気・美容の豆知識をご紹介します。

休日に「寝だめ」していますか?

休みの日の「寝だめ」は不眠と抑うつ状態の原因に!?

f:id:tarubomirubo:20170206101655j:plain

 

 

「明日は休みだから」とついつい何時間でも寝てしまいますよね。起きてからもダラダラとしてしまい、お昼ご飯を食べたあとについつい昼寝・・・

平日は仕事や勉強など時間に追われどうしても寝不足気味になりがちですよね。実はそんな習慣が、不眠や抑うつ状態を引き起こすという研究結果があるんだそうです。

続きを読む

一番風呂は親父が入る?

「一番風呂」のピリピリ、感じたことありませんか?

f:id:tarubomirubo:20170120104228j:plain

皆さんは家族の中で何番目にお風呂に入りますか?私はやっぱり「一番風呂」が好きです。綺麗なお湯に浸かるなんて贅沢な気分になれちゃいます。

「一番風呂」って何故かピリピリと言うか、チクチクというか…感じませんか?気のせいなのかと思いきや、実は「一番風呂」のお湯にはミネラル成分が少ないからだそうです。

続きを読む

手首の痛み

その手首の痛み、もしかしたらTFCC損傷かもよ

 手首関節の捻挫と言っても色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に起こるねんざは筋肉や靭帯に起こるケースが多いため、湿布薬等で数日様子を見ていれば治りますが、手関節になると少々複雑な構造をしているので、問診・触診・X線写真でどの骨・靭帯・腱・腱鞘・筋肉・神経に問題があるのか検査が必要になります。

続きを読む

恐ろしい「爪」のバイキン

聞いてビックリ!!爪は便座汚れの10倍以上のよごれ!

f:id:tarubomirubo:20161110123835j:plain

今年は昨年に比べ、早くもコートやダウンを着てしまうくらい寒くなっています。

寒くなる冬の時期に気をつけなければいけないことが「風邪」や「インフルエンザ」などの感染症です。風邪やインフルエンザを始めマイコプラズマ肺炎など、咳やくしゃみから空気感染してしまうことも多いのですが、知らず知らず手で触っている物からの感染も少なくありません。

続きを読む

顎の痛みありませんか?

痛む人は要注意!20代に多い顎関節症

f:id:tarubomirubo:20161024122840j:plain

口を開く時にカクンという音がする、痛みを感じる、口を大きく開きにくいなど、顎関節に何らかの症状がある「顎関節症」。日本顎咬合学会が2002年に行った調査によると、顎関節症患者の割合は男性9.9%、女性17.3%で、女性のほうが有病率が高かったといいます。特に若年層に症状を訴える人が多いそうですが、それはなぜなのか、池袋かおり歯科クリニックの歯科医・今野香織医師に聞いてきました。

 

f:id:tarubomirubo:20161024122857j:plain



「顎のトラブルを訴える方は10代後半から20代くらいの方に多いですね。その理由として、若い人は顎の骨がまだ成長過程にあるからだと言われています。顎関節症になる原因としては、ストレスによって無意識のうちに食いしばったり、歯ぎしりをしたりすることにより顎関節に負担がかかることがあげられます」

また、20代のころは、仕事を始めたばかりでストレスを強く感じる人が多く、それにより食いしばりや歯ぎしりが増えることも、若い人に顎関節症が多い原因とも言われているそうです。

そもそも顎関節症は、上顎と下顎の骨の間にある「関節円板」という組織に、過剰な力が加わり、関節円板がずれることによって起こります。では、顎関節症になった場合の治療法とは?

「年齢を経るにつれ、顎の骨も安定し、自然と症状が和らぐ方が多いので、日常生活に支障がなければそのまま様子を見ればいいでしょう。しかし、痛みを感じたり、痛くて口が開かなかったりするなどの症状がある場合には、歯科医を受診することをお勧めします。まずは、寝ている間にマウスピースを使うことで、食いしばりや歯ぎしりなどによる顎への負担を軽減します。これで症状が良くなる方も多いです」


同時に、昼間の仕事中など集中している時に食いしばっている人も多いそうなので、食いしばらないように意識するよう、指導されることもあるそうです。

「ごく稀に、顎の骨の大きさや形、位置の異常によって引き起こる『顎変形症』が原因となっていることもあるので、その場合は、顎の骨の位置を正しく戻す手術が行われる場合もあります」

顎関節症は、基本的には一般の歯科医でも治療が可能ですが、治療を行っていないクリニックもあるので、予約の際に顎関節症の治療もしているか、確認してみましょう。また、歯科医で治療しても痛みが続くなど、症状が重い場合には口腔外科や顎関節外来などを紹介してもらうとよいそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無意識に歯を食いしばってしまうのが怖いですね。

自分が寝ているあいだの歯ぎしりも、誰かに言われなければ気づかないですよね。

とにかく「ストレス」を貯めないことが良いのかもしれませんが、このストレス社会の中では厳しいかもしれません。自分が一番スッキリするストレス発散法を見つけるのが一番の近道かもしれません。

 

部屋が片付けられない・・・

それって「ためこみ障害」かもしれません

f:id:tarubomirubo:20161012100832j:plain

「汚部屋」や「ゴミ屋敷」という言葉が、メディアでも多く取り上げられています。ズボラな性格が災いして、気づいたら…なんてこともあると思いますが、中には、病気の影響で捨てられない人もいるといいます。その名も、「ためこみ障害」。

いったいどんな病気なのでしょうか?

 

 「ためこみ障害」って?

精神疾患のひとつに、「強迫性障害」というものがあります。家を出た後に、「あれ、ドアに鍵かけたっけ?」と不安になり、戻って確認してしまうことはありませんか? その程度なら、特に問題はないそうですが、これも度を越してしまうと、行っては戻りを繰り返し、遅刻してしまうこともあるそうです。 一度確認しに戻ったにもかかわらず、ドアを離れるとまたすぐに不安になる…。何度やっても不安が解消されない状態が続く時は、「強迫性障害」の可能性アリ。 その強迫性障害の症状に「物を過剰に収集し、捨てることが出来ない」というものがあり、これを「強迫性ためこみ」と呼ぶそう。そして、この「強迫性ためこみ」の症状が、「ためこみ障害」とされています。

 

ちなみに、「汚部屋」や「ゴミ屋敷」の原因になる精神疾患は、強迫性障害だけではありません。「ADHD(注意欠如・多動性障害)」や「統合失調症」の患者にも、ためこみの症状が出ることがあるそうなので、「もしかして?」と心当たりがある時は、専門医に診てもらうと安心ですね。

 

「ためこみ障害」の治療法

自分だけでなく、パートナーや子どもにこの症状が見られることもあります。その場合、片付けができないことに対し、「片付けなさい!」「片付けないと捨てちゃうよ!」などと叱るのは避けたほうが良さそう。頭ごなしに叱ることで、ストレスを与えてしまい、逆効果になることもあるそうです。 また、勝手に片づけるのもNG。傍から見ればゴミに見えるものでも、本人にとっては、そうではないかもしれません。本人の意思を無視して勝手に捨てると、癇癪を起したり、ショックでふさぎ込んでしまったり、治療が遅れてしまうこともあるそうなので、要注意。 ためこみの期間が長ければ長いほど、自分で掃除できる限界を超えやすくなります。そうなると、業者や自治体に頼らなくてはいけなくなり、金銭面の負担も膨大に…。

 

また、事故や火災の危険性も指摘されています。少しでも不安がある時には、早めの受診を! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の友人にもいました。部屋中、長い髪の抜け毛だらけになっていて座ろうものなら大量の抜け毛が引っ付くので、いつも私が行くたびに床掃除をしていました。

布団も真っ黒、シーツは茶色く湿った感じ。「よくこんな布団で寝れるなぁ」といつも思っていました。

本人は全然気にしていないんですよ。お母さんも部屋が散らかっていようが、布団が汚れていようが気にしない方で、お母さん自身、あまり掃除をしないのでしょうね。

 

幼い頃から自然に「お片づけ」を習慣づけることが大切なのかもしれません。

難しい問題ですね

失神したことありますか?

人生で失神を経験する人は約4割 専門医の診察で原因特定を

f:id:tarubomirubo:20161005104803j:plain

朝礼で長時間立っていたら倒れた、満員電車の車内で気を失った、いきなり道端で倒れケガをしたなど、失神を経験する人は意外と多い。

失神は一時的に脳の血流が低下するために、酸素が不足することで起こる症候だが、人生において失神を1回以上経験する人は、約4割と推計されている。それなのに、失神を経験した人が多いわりには何科を受診したらいいのかわからず、患者の中には脳外科や内科を受診して断わられるケースもあった。  

聖マリアンナ医科大学病院の循環器内科失神外来担当の古川俊行講師に話を聞いた。 「イタリアでは、25年ほど前に、失神を専門とする医師が在籍する失神専門診療ユニット(Syncope Unit:SU)が創設されました。失神の誤診率が高いため、専門外来での診察で不要な入院や過剰検査による医療費高騰を抑制するのが目的でした。私はそこで学び、帰国後2012年に大学病院として初めて循環器内科に、失神外来を開設したのです」

 

 失神の原因は、自律神経を介した神経反射性失神のほか、高血圧や糖尿病など生活習慣病から起因するものや、心臓疾患など様々だ。失神外来では原因特定のため、問診、心電図、血液検査、起立時血圧という基本的検査に加え、ほぼ全員に24時間首からぶら下げるホルター心電図と心エコーを実施している。  

 

<失神原因で一番多い血管迷走神経反射>

脳から直接、末梢に伸びる脳神経系は全部で12組ある。そのうち、首肩下まで伸びるのは第10脳神経と呼ばれる迷走神経と、それに合流する11番目の副神経だ。これがうまく機能せず、一時的に脳に酸素が届かない。この失神は長時間の起立や満員電車など、何かきっかけがあり、失神前に気分が悪い、冷や汗が出るなどの典型的な症状が起きる。

 

 原因がわからない場合は、不整脈を疑い、心臓にカテーテルを入れ電気を流す心臓電気生理学的検査を行なう。 「この心臓電気生理学的検査が陰性で異状なしとなっても、不整脈がないわけではありません。そこで胸のあたりの皮下に小さな機械を留置する植え込み型ループ心電計検査を行ないます。不整脈は脈が遅くても頻脈でも失神の可能性があります。それで徐脈性不整脈か頻脈性不整脈か検査します。これで6割から8割の原因が特定できます」(古川講師)  従来の植え込み型心臓モニタ(心電計)は、USBメモリほどの大きさがあり、検査のために体内に入れることをためらう患者が多かった。しかし、今年9月、従来の10分の1のものが保険承認され、メスで皮膚を切ることもなく、留置が可能になっている。  徐脈性不整脈、頻脈性不整脈ともにぺースメーカー使用などの適切な治療で失神はなくなり、突然死のリスクも回避される。

 

繰り返される失神は、放置することなく、専門医の診察で原因を特定することが大切だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

怖いですね…私は自分の記憶の中ではないのですが、皆さんは失神したことありますか?突然「気を失ってしまう」のですから、倒れた場所や倒れ方によっては大怪我などにもつながってしまいますよね。

数年前から「頭痛専門医」や「偏頭痛外来」など専門医の先生が増えてきました。

こうひとつの症状から分析し原因を突き止め治療してくれる「専門医」が増えることは、私たちにとって安心ですよね。もっといろいろな分野の専門医が増えてくれることを期待しています。

ニセ食欲

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲

f:id:tarubomirubo:20161005104510j:plain

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!

空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった魚、新米など、ただでさえ食欲をそそる食材が店頭や食卓に並ぶ“食欲の秋”の到来です。

ただ、お腹いっぱい食べても、食事時間でなくても、「やたらお腹がすいて、たくさん食べてしまう」「口さびしくて、つい間食してしまう」というのは正常な食欲ではありません。年齢とともに代謝が下がっていく中、こうした食欲にまかせて食べていては、あっという間に体重が増加。生活習慣病の原因にもなります。特にアラフォー以降に再び“食べ盛り”を迎える人が多いよう。

「このナゾの食欲の原因は、自律神経の乱れとホルモンバランスの乱れにあります」と言うのは、かたやま内科クリニック院長の片山隆司先生。「空腹だから食べなさい」と指令を出す“摂食中枢”と、「満腹だから食べるのをやめなさい」と指令を出す“満腹中枢”を管理して、食欲をコントロールするのは脳の視床下部です。この視床下部は、自律神経の働きを調節し、ホルモン分泌をつかさどるところ。自律神経やホルモンバランスが乱れている時は、視床下部がオーバーワークになり、食欲コントロールがおろそかに。その結果、本当は空腹ではないのにお腹がすくという“ニセ食欲”が発生するのです。 食べ方で、ニセ食欲は撃退できる ニセ食欲を撃退するには、食欲に影響を及ぼすホルモンバランスを整え、満腹中枢をしっかり刺激することが大切です。

食べ方に注意するのがコツ。

「ゆっくり食べたり、血糖値の上昇を抑える食べ方を取り入れましょう。それだけでも、かなり効果的です」(片山先生) 具体的には、「野菜から食べること」「よく噛むこと」「スパイシーなものはひかえめにする」3つのポイントを心掛けること。

野菜から食べると、豊富な食物繊維が糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぐことでホルモンバランスを整えてくれます。また、満腹ホルモンのレプチンが満腹中枢を刺激するには、食べ始めてから約20分かかるため、早食いは禁物。食べ物を口に入れたらよく噛んで、レプチンが効いてくるのを待ちましょう。また、日常的にスパイシーなものをたくさん食べると、空腹ホルモンが分泌されやすくなるので控えめにしましょう。 そして、心掛けたいのが規則正しい生活です。

ホルモンバランスは、規則正しい生活、十分な睡眠、運動習慣によっても整えることができます。ニセの食欲撃退のためにも、できるだけ人間本来のリズムで生活するようにしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とっても実感してしまった記事。

「ニセ食欲」とは…わかります。私もこの「ニセ食欲」に騙されてしまっています。だからなかなか痩せないんですね(笑)食べないでいられるときはお腹がすいても本当何も食べずにいられるのですが、食べるときはご飯はもちろん完食もかなり食べてしまいます。

みなさんも「ニセ食欲」に騙されないように!お気を付けください(笑)

 

防水スプレーの怖さ

吸い込むと肺機能に支障 

f:id:tarubomirubo:20161003103816j:plain

 

 服や靴に吹きかける「防水スプレー」を吸い込んで呼吸困難などに陥る事故が増えている。入院するケースもあり、東京都消費生活総合センターは使用時の換気など、正しい方法で使うように注意を呼びかけている。  

 

防水スプレーは服や靴に吹きかけ、雨水などを弾く「はっ水効果」で保護する製品。同センターに入った相談によると今年5月、東京都内の20代女性が靴店で防水スプレーを購入。自宅マンションで数足の靴に吹きかけたところ、数時間後に高熱が出て呼吸困難になった。翌日、医療機関で過敏性肺炎と診断されて9日間入院。酸素吸入や肺洗浄などの治療を受けたという。2014年には、50代男性が化学性肺炎で全治4週間と診断された事例もあった。  

 

公益財団法人日本中毒情報センターによると、防水スプレーには細かい粒子の樹脂が含まれている。吸い込むと樹脂が肺に付着し、肺のガス交換機能に支障が出ることで呼吸困難などを引き起こすと考えられている。  防水スプレーの事故は1992~94年ごろに多発。このため、粒子を大きくするなど吸い込みにくいように製品が改良された。しかし、主に衣類用だった防水スプレーの用途が近年、靴、カバンと広がったことを受けてここ数年、事故が増加。96年以降、年間10~20件程度で推移していた事故件数は、13年度は45件、14年度で42件にのぼっている。  また、国民生活センターによると、防水スプレーだけでなく、紫外線カットをうたう衣類用コーティングスプレーでも同様の中毒事故が発生したことがある。  

 

健康な成人でも入院する例があり、都消費生活総合センターは、使用時にはマスクを着用し、屋外など風通しの良い場所で風向きに注意して吸い込まないよう呼びかけている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これわかります!私もスキーウエアーや子供のカッパ・靴などに良く使用しますが、結構吸い込んじゃうんですよね。虫除けスプレーをかけると「むせる」のと同じで、防水スプレー独特な臭いと、なんだか息苦しくなる感じ。

 

よく「室内では使用しないで下さい」と記載されているのは、こういうことだったんですね。ただ「高熱が出た」だけでは「風邪かな?」で、まさか「防水スプレーによる肺炎」とは思わないですよね。

コワイ!怖い!私も気をつけます!

 

みなさんも取り扱いには充分気をつけてくださいね。また、防水スプレー使用後に体の異変があったら、病院で受診しましょう。その際「防水スプレーを使用していた」ことを忘れずに医師へ伝えましょうね。

在宅看取りマニュアル

死の1週間前の家族の準備と心構え

f:id:tarubomirubo:20160928105129j:plain

 

在宅死を望む高齢者は5割もいるものの(内閣府調査)、家族は看取りの経験も知識も乏しく、不安を抱えている。そうしたこともあってか、病院で死ぬ患者の数は欧米諸国では約50~60%だが、日本は約80%近い。そんな家族のために、看取りの手順などをまとめた小冊子を用意する医療機関や介護施設が増えている。  

そこには分かりやすい言葉で、死の1週間前から現われる兆候や、臨終間際に見られる動作、そして他界直後に家族が取る行動などが記されている。そこで実際の資料と在宅専門医や看取り実績が豊富な老人ホームの協力をもとに作成した「お別れパンフレット」から「亡くなる1週間前に何が起こるか、どう対処すべきか」を紹介しよう。

 

<食事が摂れなくなっても、無理せず食べたいものだけ食べさせてください>

死の1週間前頃から食欲や咀嚼・嚥下機能は著しく低下し、食べ物をほとんど受け付けなくなる。これは人間の自然な衰えだという。在宅医療に力を入れるたんぽぽクリニック院長の永井康徳氏が説明する。

「食事や水分を口からほとんど摂取できなくなったら、“(亡くなるまで)およそ1週間です”と伝えています。この頃になると、水分は1日500ml以上は摂れなくなります。食事も無理に食べさせなくてもいい。食べたいものがあれば、それを食べさせればいいんです」  無理強いすると消化不良や嘔吐を招き、不要な苦痛を与えかねない。この段階では家族から点滴の要望が増えるというが、これも身体がむくむなど本人にとって苦痛になることがあるので、注意する必要がある。

 

<眠っている時間が長くなりますが、無理に起こす必要はありません>

 食欲低下とともに、一日中ウトウトと眠っている「傾眠状態」と呼ばれる時間が増える。この間は“天然の麻酔”が効いているのと同じで、本人にとっても心地良い状態。 「心配して揺り起こしたりせず、眠らせてあげるのがいいでしょう」(同前)

 

<内服薬が飲めないなら、貼り薬や座薬に変更してください>

 嚥下機能の衰えによって、飲み込む行為が辛くなることもある。内服薬を無理に飲ませる必要はなく、貼り薬や座薬タイプに変更するよう医師と相談してもいい。症状を和らげるための薬が逆に苦痛を生み出しては本末転倒である。

 

<呼吸が荒く、手足をバタバタさせ、意味不明なことを言い始めても動揺しないでください>

 在宅医療専門のホームオン・クリニックつくば院長の平野国美氏の話。 「亡くなる1週間前になると、呼吸が間延びして無呼吸状態が続くなど、リズムが乱れます。死期が近づくと起きる現象なので、慌てる必要はありません。  家族の名前がわからなくなったり、辻褄の合わないことを言い始めたり、興奮して手足をバタバタさせ始めることもありますが、肝機能の低下や脳内麻薬のエンドルフィンが分泌されたことなどによる自然経過の一つなので、豹変ぶりを嘆かずに温かく見守ってあげてほしいです」  いずれも酷い時は在宅医や訪問看護師に薬を処方してもらい、症状を抑えることも可能だ。

 

<苦しそうな表情をしていても、慌てて救急車を呼ぶ必要はありません>

 苦しそうにしている姿を見れば、反射的に救急車を呼んでしまいそうだが、前出の永井氏は「慌てないことが肝要」だと言う。 「すぐに救急車を呼ぶのではなく、まずは信頼できる在宅医か訪問看護師などに連絡してください」  救急車に乗った時点で「あらゆる方法での救命治療を希望する」という意思表示と受け取られ、在宅での自然死を迎えることが叶わなくなる可能性もあるからだ。  

 

さらに到着前や搬送中の車内で死亡すると、医師による診断ができないため、一旦、死因不明として救急隊員が警察に連絡。遺体は病院に運ばれ、警察による検視・解剖を受けることにもなりかねない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マニュアルがあっても初めてのことだったら見極めがわからないし、まず「怖い」だろうと思います。(人の命ですから) 私自身、両親を看取りましたが病院でした。

このマニュアルのように水分を取らなくなってきたので「少しでも飲ませよう」としたり、何も食べてないから「お腹が空いてるだろう」とフルーツを少し食べさせたりしました。

ず~っと寝ててあまりにも目を覚まさないので心配になり声かけたりもしました。

手足をバタバタさせることはありませんでしたが、突然訳わからないことをいい出し「認知症にでもなったのか…」と思い凄くショックを受けたのを凄く覚えています。看護師さんに「せん妄症」っていう症状だと教えて頂きました。

 

やはりいくらマニュアルに書いてあっても人それぞれ違いはあるし、全員が全員まったく同じようになるとは限らないし始めて介護・看病している方は尚更難しい判断だと思います。 病気があるないでも在宅にするか病院にするか違ってくると思いますが、介護・看病している人のサポートをしてくれる訪問看護師や病院の看護師さんはとても大きな支えとなりました。

 

「在宅看取りマニュアル」

実践出来るかどうかは別として、知識としてでも読んで見てはいかがですか?

 

 

 

「病は気から」って本当だった

「人生は60代から」を実現する心の持ち方

 

「2年後、85歳で中国のチョー・オユーという8,200メートルの山を登る予定です。

80歳でエベレストを登ったときにギネスワールドレコードで、最高齢で最高峰に登ったと認めてくれた。そのときに80歳以上で8,000メートル超えの山を登った人がいままでいなかったことがわかったんですよ。だから85歳で登り、自分でその記録を塗り替えたいと思っています」 そう語るのは、プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さん(83)。

 

3年前、80歳で3度目のエベレスト登頂。

自身で世界最高齢記録を塗り替えた。そんな三浦さんに、「人生は60代から」を実現する心の持ち方を聞いた。

 

 

【1】「これだ」と思う目標を見つける!

「小さいことはずいぶん諦めたりしますけど、これだと思うことだけは、死んだ気でやりながら生き延びてきました。記録だけが目標じゃないけど、何かに向かうということで自分を奮起させることができますし、僕もエベレストという目標がなかったら人生を諦めていました」

 

【2】目標に対しての執念を持つ!

「これだけはやりたいという目標に対する執念といいますか、目標があるから病気やケガにも立ち向かえる。『治すんだ』という気持ちも大切だと思います。リハビリやトレーニングはラクなものではないし、体がきついこともしょっちゅうですが、山を登るには、やるしかありません」

 

【3】「年寄り半日仕事」で無理をせず!

「若いころは朝から晩まで頑張って仕事をしますが、年をとったら無理しちゃいけない。午前中に仕事をしたら、午後は休んでいいと思うんです。登山も同じで、1日で山頂へ行って下山まで終えなくてもいい。ゆっくり時間をかけて登って、ゆっくり下りてきたらいいんです」

 

【4】「どうせ死ぬなら」と開き直る!

「僕は65歳のときに『余命3年』と言われて、どうせ死ぬなら、死ぬ気でトレーニングをしたらエベレストに登れるんじゃないかと開き直りました。この病気を治してエベレストに登る。健康の状態で挑戦するよりも、もっと意味があるんだと自分で勝手に思いましたよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当凄いです。「余命3年」と言われた方がエベレストに登頂し、余命宣告からもうすぐ20年が経とうとする今でもお元気で活躍されています。

余命宣告をされると誰もが死に対しての恐怖からウツになってしまったり、気分まで病人になってしまうことが多い中、三浦雄一郎さんは開き直り凄いことへのチャレンジを始めたんです。

「65歳」で「エベレストへ登る」。

年齢からしても体力的に難しいのではないかと誰もが思ってしまいますよね。しかも病と戦いながらのトレーニングなんて過酷なものだったのではないかと想像します。

「どうせ死ぬなら、死ぬ気で・・・」。

この言葉がとても胸に突き刺さりました。

今は病気もなく健康な身体で過ごしていても、遅かれ早かれ誰にでもその時は来ます。年をとり動けなくなってから後悔するくらいなら今を全力で悔いのない日々を送れるように努力しようと思った記事でした。

 

皆さんはどう感じましたか?

 

スポンサードリンク